2014年04月28日

町田選手優勝!

10253998_453802234750641_4308463800753096263_n.jpg

JBCF 群馬CSCロードレース Day-2で
町田広選手がE2クラスで優勝!


GN3_3603.jpg

ゴール後にガッツポーズを決める町田選手
(写真提供 加藤智カメラマン)

4月27日開催のJBCF 群馬CSCロードレース Day-2でE2クラスに出場した町田広選手が優勝した。

「ギャンブルでした」と後日語る町田選手だが、集団の中から見ていた船山選手によると「最後の心臓破りの坂を終わったとこから逃げ出し、のこった集団ではだれも追えないという状況でした。ヒヤヒヤでしたが僅差で逃げ切りました」と町田選手渾身の逃げを絶賛。
 まさに昨年の9月E1クラスで優勝した小坂正則選手のレースを髣髴させる展開でした。


結果
1 町田広 ACQUA TAMA               45:43
2 阿曽 光佑 KINAN AACA             +00:00
3 雑賀 大輔 ブランシュ・レーシング・チーム   +00:00

18 船山 崇 ACQUA TAMA +00:01
50 金田 和朗 ACQUA TAMA +00:31
68 小野 嘉之 ACQUA TAMA            +02:54

GN3_3594.jpg

町田選手の背後に迫る阿曽 光佑(KINAN AACA)選手
(写真提供 加藤智カメラマン)

レースの模様は以下でも見られます!
45:00から独走シーンが映ってます。
http://www.ustream.tv/recorded/46726720
posted by アクアタマ at 22:20| 活動報告

2014年04月21日

JPTハイライト

みなさんこんにちは。
すみません、久々のHPアップです。
ハイライトは第1戦の宇都宮クリテリウム、第2戦の伊吹山ヒルクライム、第3戦白浜チームタイムトライアル、第4戦の白浜クリテリウムまで進んでしまいました。
ここまでの4戦をハイライトをお届けします。

第1戦 宇都宮クリテリウム

image_0010.JPG

photo: gg kasai

宇都宮では新加入の合田正之選手に注目が集まった。合田選手はシクロクロスで全日本選手権の上位に絡む選手だけに活躍が期待される。レースは逃げが発生するも集団にすぐ捕まる展開。その集団の最前線では合田選手が積極的ないい動きを見せる。ただ、不慣れな選手が多いのと出走120名という多さから落車が多発。エース浜頭選手は2度の落車に巻き込まれ肋骨を損傷。最終的に合田選手も落車となり、松崎選手がメカトラと、チームとしてはほろ苦い結果となった。最後のスプリントでは秋山選手がポイントの増える20位にわずかに届かず22位でゴール。チームポイント90×3名=270を獲得した。

結果 JPT
22位 秋山選手     90ポイント
25位 山口(博)選手   90ポイント
55位 浜頭選手     90ポイント
----------------------------------------------------
77位 御器谷選手    90ポイント
91位 合田選手     90ポイント
DNF  松崎選手

エリートにはE1に大野選手が出場。最終ゴールは4位となったがトータルポイントで11位。E3では田所、谷田、船山、金田の4選手が参戦したが船山選手がメカトラ、ほかの3選手もポイントレース特有のルールに慣れず脚を活かしきれない結果となった。

結果 E1
11位 大野選手

結果 E2
16位 谷田選手
23位 田所選手 
26位 金田選手
49位 船山選手

第2戦 伊吹山ヒルクライム

A.JPG

ヒルクライムのエース若松選手を筆頭に青木、山口(博)、今西の4選手が参戦。スタート後方からスタートした若松選手、本人の不調と位置取りから先頭集団に絡めず、トップホセ・ビセント選手から3:48遅れの44:28でゴール。若松選手は昨年43:52のタイムでE1で優勝を果たしているだけに、その実力を発揮できず残念な結果となった。
なお、今回は先頭から10分遅れでFDA扱いとなる厳しい条件となるため、出走115名中96名のみ完走扱いとなった。ただし、アクアタマは4人とも制限時間内にゴールを果たしたためチームポイント40×3名=120を獲得した。

結果 JPT
31位 若松選手     40ポイント
52位 青木選手     40ポイント
67位 山口(博)選手   40ポイント
----------------------------------------------------
90位 御器谷選手    40ポイント

また、この日E3で出場した長谷川選手が8位と健闘をみせた。

結果 E3
1位 武田 祥典(チーム サムライ)  44:58
8位  長谷川 武敏(ACQUA TAMA) +2:08

ヒルクライムを得意とする長谷川選手には今後、栂池、富士山とヒルクライムレースで昇格を期待したい。

第3戦 タイムトライアル南紀白浜


__.JPG

若手のホープ松崎選手(といいつつ25歳だったり!)を筆頭に浜頭、御器谷、山口(博)、秋山、若松の6選手が出走。旧南紀白浜飛行場跡地の周回路15kmで争うコース。ランキング順に2番手からのスタート。スタートではなかなかフォーメーションが組めず、横並びになるミスを犯す。ただ、周回をこなすにつれペースも上がり、秋山、若松の順に役目を終え離脱。そしてFIETS GROENをかわし、最終回で山口も離脱。松崎、浜頭、御器谷の3選手が23:48.88でゴール。その後トップは宇都宮ブリッツェンが22:10.03のタイムでゴール。チーム順位は16位でポイント600を獲得した。15位まではひとつ上の900ポイントと高いだけに惜しい結果となった。ちなみに15位のVC Fukuokaに対し8秒差。後半は松崎を中心にペースを上げられただけに、チームとしてのチームタイムトライアルの練習不足が来季への課題となった。

結果 JPT
1位 宇都宮ブリッツェン 22:10.03
2位 那須ブラーゼン    + 00:04
3位 シマノレーシング + 00:19
16位 グルッポアクアタマ +2:16

またエリートの個人タイムトライアルはE1で出走の大野選手が得意のタイムトライアルでトップと12秒の12位でゴールし、復調をアピールした。

結果 E1
1位  小西 優大 岩井商会レーシング 04:29
12位 大野 二美雄 ACQUA TAMA +00:12

第4戦 白浜クリテリウム

_MG_4930.JPG

前日のタイムトライアルと同じ、旧南紀白浜飛行場でおこなわれたクリテリウム。JPTは予選がおこなわれ、各組30名のみが決勝へ進出する。
予選1組目は浜頭、若松、秋山、松崎の4先選手。2組目は山口(博)、御器谷、今西3選手が出走。
1組目は若松選手が積極的に先頭に出るも最終的にはゴール手前で後方に下がることになり、浜頭選手が29位で1名のみの通過。
2組目は途中からの雨で落車が発生。山口選手の天からの声により、残り2周で3人で集団を抜け出す。これが功を奏してその後の落車を交わし、山口、御器谷の2選手が予選を通過した。
※ニュートラリゼーションを巡るクレームで2組目は30+5名が予選通過となった。

決勝は浜頭、山口(博)、御器谷の3選手が参戦。雨のなか視界が悪く、スタートからアタックが続くも決まらず、ゴールスプリント勝負へ! アクアタマの練習仲間の宇都宮ブリッツエンの大久保陣選手が初優勝! アクアタマメンバーは山口選手31位、御器谷選手34位、浜頭選手51位でゴール。チームポイント270ポイントを獲得。クラブチームにとって予選通過が課題だっただけに完走ポイント270を確保でき、怪我なく走れたことはよかった。

結果 JPT
1位 大久保陣選手
31位 山口(博)選手    90ポイント
34位 御器谷選手     90ポイント
51位 浜頭選手      90ポイント
----------------------------------------------------

エリートではE1で大野選手が参戦。好位置をキープしていたがラスト2周で痛恨のパンク。41位でのゴールとなった。今回E1は2組レースがおこなわれ、6位入賞を果たすチャンスだっただけに残念な結果となった。

_MG_4956.JPG
posted by アクアタマ at 23:04| レース

2014年01月04日

シクロクロスも本格活動! C1選手が4人と充実

みなさんこんにちは。
いつもGRUPPO ACQUA TAMAを応援いただきありがとうございます。
2013-2014のシクロクロスシーズンはロードレースでも活躍の秋山悟郎選手を中心に活動。2014年シーズンからシエルボ奈良より移籍、新規加入メンバーの青木誠選手と浜頭恭選手もシクロクロスメンバーとして活動しております。さらに昨シーズン鎖骨骨折のためC2落ちしていた山口博久選手が信州クロスの富士山でC2で2位となりC1へ帰ってまいりました。これでC1メンバーが4名となり、2月まではシクロクロスレースでも活動予定です。こちらの応援も宜しくお願いいたします。


青木.JPG
12月23日開催の信州クロス第9戦富士山、C1で6位と上位入賞を果たした青木誠選手


秋山.JPG
安定した成績を出し続ける秋山悟郎選手


浜頭.JPG
今シーズンシクロクロスを開始したばかりの浜頭恭選手。C3、C2、そしてC1へ一気に昇格!

山口.JPG
C2からC1へやっと昇格した山口博久選手

高橋.JPG
今期シクロクロスデビューした高橋浩之選手も予想外の大活躍に注目です!
posted by アクアタマ at 19:03| レース

あけましておめでとうございます

すっかり更新が滞ってしまいましたが、本年もGRUPPO ACQUA TAMAを宜しくお願いいたします。

年末には新たに加わるメンバー(浜頭恭選手、青木誠選手、御器谷信之選手、長谷川武敏選手、内海健人選手)も集めて忘年会を開催。さらにお正月は2日から練習を開始、チームは2014年シーズンへ向け活動しております。

忘年会.JPG
posted by アクアタマ at 18:58| 活動報告

2013年11月04日

サイクルモード会場で年間表彰

アクアタマ.jpg

みなさんこんにちは。
いつもGRUPPO ACQUA TAMAを応援いただきありがとうございます。
11月4日、「CYCLE MODE international 2013」メインステージで「JBCFロードシリーズ」の年間表彰式がおこなわれ、GRUPPO ACQUA TAMAはJエリートツアー年間ランキング1位で表彰を受けました。
登壇させていただいたのは一部のライダーでしたが、登壇できなかった選手はもちろん、スタッフ、応援いただいた皆様にもこの喜びを分かち合っていただければと思います。
 ほんとありがとうございました。
来シーズンはいよいよJプロツアーへ向け活動していきたいと思います。特にJプロツアーは選手の力だけではどうにもならないところです。
引き続きご声援ならびにご支援いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

最後に
「表彰台の上はサイコーでした」
posted by アクアタマ at 23:08| 活動報告

2013年10月29日

Jプロツアー シード権獲得

_MG_9806.JPG

みなさんこんにちは。
いつもGRUPPO ACQUA TAMAを応援いただきありがとうございます。

本日JBCFより2014年 Jプロツアー シード権獲得チーム発表があり、ついにGRUPPO ACQUA TAMAがJプロツアーに返り咲く権利を獲得しました。

まだ、チームとしての最終決定はしておりませんが、このHPで前向きな答えを発表できると思っております。昨年の輪島でまさかのJエリートツアーへの降格が決まり、チームとしては粘りの一年でしたが、結果を残すことができました。これも応援いただいたみなさまのおかげです。引き続き宜しくお願いいたします。

なお2014年 Jプロツアーシード権獲得チームは下記の通りです。

【TOP P】:10チーム
Team UKYO (29730ポイント)
宇都宮ブリッツェン (21534ポイント)
マトリックスパワータグ (18842ポイント)
シマノレーシング (13700ポイント)
ブリヂストン アンカー サイクリングチーム (13128ポイント)
cannondale championsystem (11307ポイント)
湘南ベルマーレ (8362ポイント)
イナーメ信濃山形 (7573ポイント)
Peugeot Neilpryde Lacasse - Pro Cycling Team (6517ポイント)
那須ブラーゼン (6469ポイント)

【P】:1チーム
GRUPPO ACQUA TAMA (JET 団体1位)

JBCFとしては最終的にTOP-Pクラスタ・10チーム、Pクラスタ・12チームとする構想で、今後チームを募集する形となる模様です。
posted by アクアタマ at 23:10| 活動報告

2013年10月22日

秋山選手が美浜で今期2勝目!

MI3_7453.jpg
(写真提供:加藤智さん)


みなさんこんにちは。
いつもGRUPPO ACQUA TAMAを応援いただきありがとうございます。
10/13(日)「第3回 JBCF 美浜クリテリウム」が開催されました。
GRUPPO ACQUA TAMAからは
美浜クリテリウム出場予定メンバー(10/13)
E1 に3名 秋山 悟郎選手、山口 博久選手、大野 二美雄選手
E3決勝1組に田所 裕朗選手、谷田 智明選手。E3決勝2組に真下伸大選手
が参戦してきました。

E1ではいわきで痛恨のパンクで勝利を逃した(!?)秋山悟郎選手がレース中盤で逃げに乗るなど積極的な展開。残念ながら逃げは決まらず集団ゴールとなる。向かい風のきつい中で、5番手から満を辞してスプリントをしかけた秋山選手が見事優勝。みやだクリテにつづき今期2勝目を上げた。これにより秋山選手は個人ランキング2位となり、ポイントリーダー今井雄輝選手(EURO-WORKS Racing)との差を最終戦輪島で逆転したいところだ。


MI3_7373.jpg
振り返る余裕をみせる秋山選手(写真提供:加藤智さん)


RESULT
E1決勝

1 秋山 悟郎 GRUPPO ACQUA TAMA  1:08:46

2 野口 忍 TEAM☆ルパン・ttm  + 00:01
3 柳瀬 慶明 チーム・アヴェル +00:01
4 豊田 勝徳 チーム・アヴェル +00:01
5 井戸川 真一 VC Fukuoka  +00:01
6 福田 透 ナカガワAS.Kデザイン   +00:01

40 山口 博久 GRUPPO ACQUA TAMA + 00:04
DNF 大野 二美雄
GRUPPO ACQUA TAMA

E3 決勝1組
1 西島 優太郎DOKYU HOKKAIDO 51:32
2 青木 亮太 ミソノイレーシングチーム  +00:00
3 森下 陽 バルバクラブ +00:00
14 谷田 智明 GRUPPO ACQUA TAMA
48 田所 裕朗GRUPPO ACQUA TAMA +00:35


E3 決勝2組
1 村田 将平 ネクストリーム 52:04
2 井上 政貴 MoricoWave勇城 +00:00
3 大平 泰裕 イナーメ信濃山形-EFT +00:00
DNF 真下 伸大 GRUPPO ACQUA TAMA


チームランキング1位が確定しました

JBCF年間表彰式がサイクルモード内で開催され、ここで表彰されます。これも皆様の応援のおかげです。ありがとうございます。

Jエリートチームランキング(美浜終了時点)

1 GRUPPO ACQUA TAMA 2518
2 VC Fukuoka       1633
3 チーム・アヴェル1608
4 イナーメ信濃山形-EFT 1603

Jエリート個人ランキング(美浜終了時点)
1 今井 雄輝 EURO-WORKS   683
2  秋山 悟郎GRUPPO ACQUA TAMA 640
3 豊田 勝徳 チーム・アヴェル 565
4 若松 達人 GRUPPO ACQUA TAMA  556
5 若狭 智代秀 チーム・アヴェル 514
6 山根 理史 チーム スキップ 501

最終戦輪島にはE1には秋山選手、今西選手、山口選手、大野選手、E3に舟山選手が出場予定です。引き続きご声援お願いいたします。
posted by アクアタマ at 20:29| レース

2013年10月11日

いわきクリテ"まきびし"騒動

みなさんこんにちは。
いつもGRUPPO ACQUA TAMAを応援いただきありがとうございます。

10月5-6日に福島県いわき市でJBCF いわきクリテリウムが開催されました。
GRUPPO ACQUA TAMAからはE1に2名、E3に1名参戦してきました。

まずはE1から
E1予選1組に出場の秋山悟郎選手、13位で無事通過。残念ながら2組に出場の大野二美雄選手は本来の実力を出し切れず残念ながら(6日の敗者復活もかなわず)DNQ。
いよいよ決勝。この時点で個人ランキング3位の秋山選手、このレースでポイントリーダーである今井雄輝選手(EURO-WORKS Racing)との差をつめたいところ。残り2周で御器谷選手、金子選手、梶田選手、樋口選手と5人で逃げ、ゴールスプリントを得意とする秋山選手だけに絶好のチャンス!
と思ったら痛恨のパンク。ニュートラルの使えない最終局面のためパンクしたまま走り、最終走者でゴールとなった。


goro ALICE-SAN.JPG
秋山選手(写真提供:有岡建設さん)

PUNK.JPG
疑惑の“まきびし”、多数の選手がこれを喰らったらしい

 そしてE3
 E3、2組で出場の田所 裕朗選手は予選を4位で通過。そして決勝は終始集団をコントロール。余裕をみせていたが痛恨の脚痙攣で流してゴール、12位となった。
 
 チームランキングは依然として首位をキープ、そして選手ランキングも気になるところです。ただ、群馬、いわきといい走りをしながらも結果に結びつかない悔しいレースが続いています。残り2戦、10/13開催の美浜クリテリウム、10/27開催の輪島ロードレースは結果を出せるよう気を引き締めてまいります。引き続き応援宜しくお願いいたします。

RESULT
E1決勝
1 樋口 峻明 横浜高校自転車競技部  1:00:59
2 山根 理史 チーム スキッ  +00:03
3 阿部 健弥 チーム スキップ  +00:03
4 今井 雄輝 EURO-WORKS Racing  +00:03
5 金子 大介 ボンシャンス  +00:04
6 加藤 司馬 湘南ベルマーレクラブ   +00:04
30 秋山 悟郎 GRUPPO ACQUA TAMA +02:04

E3 決勝
1 石倉 龍二Team anterior  50:19
2 穂苅 大地Team anterior  +00:01
3 柳沼 龍佑 あぶくまサイクリングクラブ+00:02
12 田所 裕朗GRUPPO ACQUA TAMA +00:03


Jエリートチームランキング(いわき終了時点)

1 GRUPPO ACQUA TAMA 2392
2 VC Fukuoka       1478
3 JBMIT イナーメ信濃山形-EFT1473
4 チーム・アヴェル1453
5  ボンシャンス 1269
6  竹芝サイクルレーシング1175

Jエリート個人ランキング(いわき終了時点)
1 今井 雄輝 EURO-WORKS   643
2  若松 達人 GRUPPO ACQUA TAMA  556
3 秋山 悟郎GRUPPO ACQUA TAMA 540

4 豊田 勝徳 チーム・アヴェル 505
5 若狭 智代秀 チーム・アヴェル 504
6 山根 理史 チーム スキップ 461

今後の予定

美浜クリテリウム出場予定メンバー(10/13)

E1 10:30スタート
秋山 悟郎選
山口 博久選手
大野 二美雄選手

E3決勝1組 8:30スタート
田所 裕朗選手
谷田 智明選手
E3決勝2組 8:32スタート
真下伸大選手

10/13(日)「第3回 JBCF 美浜クリテリウム」は、Ustreamによるライブ配信(テスト)を予定
■URL
http://www.ustream.tv/channel/JBCF1
■Ustreamでの検索ワード
『JBCF1』
■スタートリスト 
http://www.jbcf.jp/race/2013/mihama/startlist_2013.pdf
■全体スケジュール
8:30〜 E3 決勝1組
8:32〜 E3 決勝2組
9:30〜 E2 決勝
10:30〜 E1 決勝
10:32〜 F  決勝
(競技中断)
12:30 P1 スタートセレモニー
12:45 P1 決勝(122名)

posted by アクアタマ at 08:59| レース

2013年09月24日

舟山崇選手が大臣旗杯E3で3位入賞

みなさんこんにちは。
いつもGRUPPO ACQUA TAMAを応援いただきありがとうございます。

9月21-22日に群馬サイクルスポーツセンターで経済産業大臣旗 ロードチャンピオンシップが開催されました。

22日開催のE3出場の舟山崇(ふなやまたか)選手がスプリント勝負で3位入賞し、E2へ昇格を決めました。忙しい勤務を縫っての出場、そして入賞だけにコレはうれしい!

その前日21日開催のE1では若松 達人選手、秋山 悟郎選手、山口 大輔選手、山口 博久選手、大野 二美雄選手、町田 広選手と6名が参戦。キャプテン山口(大)選手がスタートアタック、山口(博)選手も追走するもいきなりチェーン切れで戦線離脱。このアタックにさらに秋山選手が追いつき10名ほどの逃げ集団が形成するも3周目に吸収されてしまう。
その後、若松選手が6周目にアタック! 最初は鈴木亮選手(UKYO)と一緒だったが途中単独となる。チームによる集団コントロールの効果もあり、一時集団から40秒もの間を空けるが、14周目に吸収された。振り出しに戻ったレースは残り2周で小坂正則選手(スワコレーシング)が計算ずくのアタックをキメ、集団からわずか0.5秒差で逃げ切ってゴール。秋山選手がスプリントにからみ10位でゴールした。

チェーントラブルのあった山口(博)選手以外はみな完走。リーダーチームらしい堂々とした走りができたが、結果を残せなかったことは残念。次は結果につなげたいところだ。
チームランキングは依然として首位をキープ。残り3戦もひきつづき応援宜しくお願いいたします。

gunma1.JPG

gunma2.JPG


いわきクリテリウム(10月5-6日開催)出場予定メンバー

E1
秋山 悟郎選
大野 二美雄選手

E3
田所 裕朗選手
posted by アクアタマ at 12:34| レース

2013年09月16日

舞洲クリテリウム田所選手がE3で 10位!

ゴール.JPG
みなさんこんにちは。
いつもGRUPPO ACQUA TAMAを応援いただきありがとうございます。

9月15日に大阪府舞洲でJBCF 舞洲クリテリウムが開催されました。

E3、3組で出場の田所 裕朗選手がスプリントポイントを2位で通過するなど積極的にレースを展開、ゴールスプリントで10位でゴール。レースにかなり慣れ、脚を100%生かし切るまであとちょっと! つぎこそ3位以内を目指したいところです。また、E3の1組出場の金田選手は脚を生かしきれずDNF。



E1では関東組の大野選手、w山口選手が出走(関西組の今西選手は怪我から復帰のためお休み)。という予定でしたが台風18号の影響が関西にも及び、F、E1を残し中止に・・・。関東からはるばる遠征して走れなかったという無念な思いと、スリッピーな危険なレースで怪我をせずに済んだという安心感という複雑な気持ちでした。

ということで、気持ちを切り替え、9月21、22日、群馬で開催の経産大臣旗杯はホーム関東でのレースです。結果を出せるよう調整してまいります。

チームランキングは依然として首位をキープ。2位争いが激しくなってきており、ほかのチームに追いつかれないよう残り4戦を大切に走っていきたいと思います。



image.jpg

チームランキング(9月16日現在)

1 GRUPPO ACQUA TAMA 2273
2 VC Fukuoka 1419
3 チーム・アヴェル 1418
4 イナーメ信濃山形-EFT 1409


経産大臣旗杯出場予定メンバー

E1 (9月21日開催)
若松 達人選手
秋山 悟郎選
山口 大輔選手
山口 博久選手
大野 二美雄選手
町田 広選手

E3 (9月22日開催)
舟山 崇選手
posted by アクアタマ at 22:31| レース